みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『祈りの幕が下りる時』 東野 圭吾

 

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

 

おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

悲劇なんかじゃない。これが私の人生。
加賀恭一郎は、なぜ「新参者」になったのか。

明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。

 

【感想】

お久しぶりの加賀シリーズ、、あんまり入り込めなかったなぁ。。登場人物に感情移入できなかったことと、、加賀恭一郎の母があまり存在感がない。。犯人の親子の絆が、こんな形で結ばれるのは、、何だか悲しいわ。。身勝手な理由で殺人をするのを、、哀愁で済ませないでほしいなぁ。。
改めて『悪意』と『新参者』と『麒麟の翼』(阿部ちゃんの顔がちらほらして集中できなかった作品だけど)が面白かったなぁ。。