みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『クリーピー』 前川 裕

 

クリーピー (光文社文庫)

クリーピー (光文社文庫)

 

 おすすめ ★★★☆☆

 

【内容紹介】

大学で犯罪心理学を教える高倉は、妻と二人、一戸建てに暮らす。ある日、刑事・野上から一家失踪事件の分析を依頼されたのを契機として、周囲で事件が頻発する。野上の失踪、学生同士のトラブル、出火した向かいの家の焼死体。だがそれらも、本当の恐怖の発端でしかなかった。

 

【感想】

隣人が凶悪犯罪の犯人なのではないか?と不審に思う。。これだけで、、既に怖いわ。。😱
真夜中に隣人の娘(中学生)が、、教授の家に訪れ「助けてください、あの人は父親ではありません」と救助を求めてくる。。なりすまし。。やだぁ。。この後の展開は、、真実まで一転二転...となり、お久しぶりのサイコミステリーでした。
大学教授の高倉さんの後手後手感や判断ミスで無駄に被害者を出したり、、奥様刺されて入院ちうに生徒に淡い恋を抱いたり、、この人も迷惑行動が目立つけど、、心の弱さを突かれると冷静さを失い、罠にハマっていく。。ちと気持ちわかる。。強くならないと。。

映画化もされているそうで、西島秀俊香川照之竹内結子など、、キャストが良さそうなのに、、相当ダメダメらしい(わたしは観てません)香川照之...怪しい隣人。。これは怖そう。。

近所には顔の知らない住民たくさんいる。変な事件が起きない事を願うしかない。

一番狂気なのは、、人間なのね。。