みみの無趣味な故に・・・

読書、時々映画の感想を書いてます。

『骨を彩る』 彩瀬 まる

 

骨を彩る (幻冬舎文庫)

骨を彩る (幻冬舎文庫)

 

 おすすめ ★★★★☆

 

【内容】

十年前に妻を失うも、最近心揺れる女性に出会った津村。しかし罪悪感で喪失からの一歩を踏み出せずにいた。そんな中、遺された手帳に「だれもわかってくれない」という妻の言葉を見つけ……。彼女はどんな気持ちで死んでいったのか――。わからない、取り戻せない、どうしようもない。心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。

 

【感想】

5つの連作短編集。
『骨を彩る』というタイトル。。どんなお話かと読んでいくうちに、、人間のどこか足りない部分。。どうしようもない部分。。骨が1本足りないような感覚。。それでも時間は過ぎていく。。そんな話でした。...

最後の「やわらかい骨」では幼い頃に母親を失った少女が友情と初恋に触れ、変化をもたらす前向きな物語。。冒頭の「十三歳だった。。。自分の骨を蝕んでいる黒いしみに気づいたのは。」という一文を読んだ瞬間、、既に希望という言葉を頭の中に浮かべながら、最後まで読みました。。

どのお話も、それぞれの主人公が大きく関わりを持たないけど、、一貫して「足りない」中でも補っていこうとする、とても繊細な物語ばかりでした。。彩瀬さん。。心がチクリとするけど、読んで行きたい作家さんです。