みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編』 村上 春樹

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 おすすめ ★★★☆☆

 

【感想】(ネタバレ注意)

まりえ失踪事件が起こり「私」は解決の糸口を探す為に騎士団長に相談をする。指令通り、日本画家・雨田具彦と対面し、そこで騎士団長から「わたしを殺せ」と命じられる。従わなければまりえは救出できない。。殺害後、「私」は地底の国を彷徨う。。そこで過去と未来と向き合いながら、地上を目指していく。。。冒険ファンタジー。

読み終わり、、思ったのはとてもアクティブで優雅で濃厚な「私」の時間旅行日記だと、、思いました。妻からの離婚を突き付けられてから、自分の意志ということではなく流れに自然と沿っていく日常の中の非日常。。そこから不可解だった過去の思い出、奇妙な現象が起こる現在、未来に向かうための過去との対峙。。壮大だけどすごくコンパクトで密なお話でもあった。

村上作品では多い性描写が今回は攻撃的だった気がする。ユズと別れて一人旅をする東北のホテルの一室での「私」の夢。マンションで寝ているユズと性行為をする。とても過激で攻撃的な表現だったので驚かされた。。
まりえの大きな悩み。。「胸が小さい」は重要性があるのかどうか?どういうことだろ?思春期の少女のよくある悩み?というだけ?と頭の中で「???」が並んでいたが、、村上春樹さんと川上未映子さんの対談本『みみずくは黄昏に飛び立つ』でこの話題となり、村上氏は「まりえが胸の話をわたしにすることにより、わたしへの性的対象と見なしていない」という意図があったそうです。。わたしはその意図が全く伝わっていないと感じました笑。

第2部の中盤が読み進められなくなった時もありましたが、物語はとても楽しめました。