みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『イノセント・デイズ』  早見 和真

 

イノセント・デイズ (新潮文庫)

イノセント・デイズ (新潮文庫)

 

 おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪により、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人など彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がるマスコミ報道の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士は再審を求めて奔走するが、彼女は……筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。

 

【感想】

とても感想を言いにくい本。
プロローグは死刑執行日。。
田中幸乃がこの日を迎えるまでの半生が他者の視点から綴られていく。。...
マスコミが作り上げる彼女。。彼女に触れ合った人々が作り上げる彼女。。彼女の心の内は。。
エピローグを読み終え、、またプロローグへ。。
女性刑務官の彼女へ向けた最後の言葉がとても心に残る。。穏やかな気分になりました。「救い」ってそれぞれの価値観であって、、個々に求めてる救いは様々なんだなぁと。。感じました。