みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『ぼくは勉強ができない』 山田 詠美

 

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)

 

 おすすめ ★★★★☆

 

【内容】

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ―。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪いのだ。この窮屈さはいったい何なんだ!凛々しい秀美が活躍する元気溌刺な高校生小説。

 

【感想】

友達関係良好、サッカー部の顧問の先生と気が合い、バーで働く年上の彼女を持つ、モテる高校生・時田秀美くん。
年下の女性が大好きなおじいちゃんと、出版社で働く恋多き母親と3人暮らし。...

秀美くんは小学生の頃から「父親のいない可哀想な子」「派手な母親をもつ可哀想な子」という周囲の同情や好奇な目に違和感を抱きながら、先生、家族、友人、彼女から学校で教わらない勉強をしていく。異端な考え方を持ち、大人から生意気な子供と言われ、女の子からはかっこいいと思われ、年上や母親からは悩み苦しむ姿を可愛いと思われ、そんな自分に自己満足したり自己嫌悪に陥ったり、結局なんだかんだとモテる人がかっこいいと思ってたり。。「どんなに成績が良くても、りっぱなことを言える人物でも女にもてなかったら、随分虚しい」
高校生が考えそうな発想だけど、男子ってこんな感じなのかな?
そんな秀美くんを周囲(特に家族と彼女)が魅力溢れる男性に育て上げていく所に共感を得ました。
学生の頃に感じるとても我慢できない場所ではないけど、居心地が悪い空間の自分という存在、周囲の滑稽な様子、自己価値観と他者価値観のズレの悩み。。そういう問題は学生だけではないはず。秀美くんの悩みはなんとなくわかるなぁ。
他者価値観も理解はできなくても受け入れる心の持ち主にはなってほしいと思いました。