みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『吉原暗黒譚』 誉田 哲也

 

吉原暗黒譚

吉原暗黒譚

 

 おすすめ ★★★☆☆

【内容紹介】

江戸の吉原で黒い狐面の集団による花魁殺しが頻発。北町奉行所の貧乏同心、今村圭吾は花魁たちを抱える女衒に目をつけ、金で殺しを解決してやるともちかけた。一方、大工の幸助は思いを寄せていた裏長屋の華、おようの異変に気づき過去を調べ始める──。「姫川」シリーズの著者初の時代エンターテインメント。謎あり、恋あり、活劇ありの<江戸時代版警察小説>登場!

 

【感想】

誉田作品は「姫川シリーズ」と「武士道シリーズ」を読んで、どちらも面白かったので、初の時代小説だというこの作品を手に取ってみました。

江戸時代の警察小説。女衒・丑三の花魁ばかりが狙われる連続殺人。今村刑事(同心という役職)は丑三に5百両の報酬を持ちかけ、元花魁・彩音と独自に捜査を行う。...
一方、幼い頃から父親に折檻をされ続ける美女・およう。おように恋をする大工・幸助の話が同時並行に描かれる。

吉原。。色めきだったお話も盛り込まれ、恋愛模様あり、花魁システムの説明もあり、剣の闘いもあり、火事もあり、粋も野暮も多少あり。。
トーリーは、、普通の警察小説でした。でも、時代が変わると普通のお話も異色に感じられ(時代小説慣れしている人だと、感じ方は違うかも)、現代の警察とは全く違う捕物劇。。情ひとつでどうにかなる時代?面白かったです。
主要人物にあまり魅力を感じられなかったのが残念。その中でも元くノ一・元花魁・現在は人気髪結いの経歴を持つ彩音は良かった。峰不二子みたい。
時代物は読み慣れていないので、読み進めるのに苦労はあったけど、時代小説もたまには、読んでみようと思ったのでありんすぅ。。