みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『短編復活』 

 

短編復活 (集英社文庫)

短編復活 (集英社文庫)

 

 「小説すばる」に掲載されてきた、膨大な数の短編小説を厳選してお届けするアンソロジー。
【目次】 回想電車(赤川次郎)
角筈にて(浅田次郎)
特別料理(綾辻行人)
蛍ぶくろ(伊集院静)
岩(北方謙三)
猫舐祭(椎名誠)
38階の黄泉の国(篠田節子)
プレーオフ(志水辰夫)
苦労判官大変記(清水義範)
梅試合(高橋克彦)
盛夏の毒(坂東真砂子)
超たぬき理論(東野圭吾)
さよなら、キリハラさん(宮部みゆき)
キャンパスの掟(群ようこ)
いるか療法―突発性難聴(山本文緒)
青の使者(唯川恵)

 

「特別料理」綾辻 行人
店の名は「YUI」高級特別料理。食材は入荷困難な物ですが究極のゲテモノを堪能できます。肉・魚・虫(いずれも珍味)をお好きな調理でいただけます。常連客にはスペシャルメニューという特典付き。スペシャルメニューのランクCはサナダムシ料理。ご希望により排泄物・吐瀉物も。。(この辺りでなぜ、こんなの読んでるんだろ?と疑問)。。ランクBは人肉。。(あぁぁ予想はしてたけど、、じゃぁランクAは。。。はぁ、、そうですか。。という読後でした。。

「超たぬき理論」東野圭吾
一平は子供の頃に空飛ぶたぬきを見る。たぬきへの研究を極め、UFOはたぬきであるという答えに行き着く。。
めちゃ面白かった。。こじつけもこじつけだけど、、実際の未確認飛行物体に関しての説もこじつけに近いものであるから「たぬき」でもいいと思うなぁ笑笑。。ラストのオチ!いや、、最初からのオチ!爆笑。。東野さんやっぱり面白いわぁ。。

「青の使者」唯川恵
愛人と飼っていた鯉の水槽に新たな青い鯉を放した途端に病気になり全滅してしまう。それを機に女は愛人との別れを決意し、貸したお金を取り戻すため、行方不明の愛人を探す。。
この本にふさわしいラスト。。怖い。。女の狂気。。女遊びは命がけでしてください。。

その他のお話も、、永遠の牢獄を彷徨う男女や美貌の妻への疑惑の毒にやられる夫や本物の源義経が弁慶で御大将義経が替え玉だったら?などなど、豪華な著者たちの短編集でした。。