みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『よるのふくらみ』 窪 美澄

 

よるのふくらみ(新潮文庫)

よるのふくらみ(新潮文庫)

 

 おすすめ ★★★☆☆

 

商店街に住む幼馴染の男女の複雑な恋愛話。

みひろの母は一度若い男と恋に落ち、家出をする(しばらくして戻り、、日常に溶け込む母)。。「おまえの母さん、いんらんおんな」と友達から言われ、商店街では同情の視線を浴びる。戻ってきた母を受け入れられないまま、大人になり、幼馴染の兄弟の兄・圭祐と婚約。いつからかセックスレスとなり、、結婚への不安と内なる欲望の爆発から弟(同級生)の裕太と関係を持つ。。卵子に突き動かされてしまったみひろの過ち。。それを引き金にみひろへの想いをずっと隠していた裕太の心が動き出す。。兄弟のぶつかり合う感情の間でみひろは女として母の行動、衝動を理解して行き、「結婚」というものを深く考え始める。。

読み続けて行くと、、東京から通天閣に舞台が変わり、、「ええとこ」で働いている女性の名前が「ミミ」(珍しく同名)。。ちと苦笑いしながら読む。。わたしが発したことない言葉を放つ「ミミ」(〃ω〃)。。ちと声に出してみた。。棒読み笑。。傷心した男の情けなく頼りない気持ちを慰める「ミミ」が登場すると気持ちが焦る。。恋の癒しは強烈な出会いかしら?

男女の切実なココロとカラダのお悩みを、真っ正面に受け止めました。。波乱万丈な恋愛話。。
うららかな時間☀️に刺激的なお話でした💕

"卵子のたくらみ"。。"ココロの中の饒舌なお口"。。印象に残る言葉が頭の中で繰り返される。。「よるのふくらみ」って言葉もなかなか。。