みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち〜』 三上 延 

 

おすすめ ★★★★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。

 

人見知りの眼鏡美人店主栞子さん。。本の話になると、、人が変わったように生き生き入院中の彼女が古書を手にして訪れる客人の奇妙な謎を、、店員くんの状況説明と古書から解き明かしていく。。

知識、洞察力、頭の回転と、、巨◯がとても魅力的な栞子さん。。事件勃発しても、、どこかゆった〜りした展開。。。眼鏡なわたしは、、彼女が気になる。。