みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『暗幕のゲルニカ』 原田 マハ

 

暗幕のゲルニカ

暗幕のゲルニカ

 

 おすすめ ★★★★☆

 

内容紹介

一枚の絵が、戦争を止める。私は信じる、絵画の力を。手に汗握るアートサスペンス! 反戦のシンボルにして2 0世紀を代表する絵画、ピカソの〈ゲルニカ〉。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、突然姿を消した―― 誰が〈ゲルニカ〉を隠したのか? ベストセラー『楽園のカンヴァス』から4年。現代のニューヨーク、スペインと大戦前のパリが交錯する、知的スリルにあふれた長編小説。

 

MoMAのキュレーター・ヨーコ・ヤガミは10歳の時にピカソの「ゲルニカ」に心を奪われ、ピカソの研究を続ける。仕事も結婚生活も充実した日々を送る中、アメリカ同時多発テロで最愛の夫を失う悲劇に見舞われる。失意の中で報復を宣言するアメリカ。。記者会見場(国連本部ロビー)で目にしたのはロビーに飾られた暗幕をかけられた「ゲルニカ」のタペストリー。。誰が?なぜ?暗幕をかけたのか?

その暗幕のゲルニカの謎からニューヨークとスペインを舞台に駆け巡り、、ピカソと恋人ドラの過酷な歴史を紐解き、ヨーコの研究家として、アートの世界に魅入られた一人の人間として「ゲルニカ」という一枚の名画が放つ反戦への想い、絵の真意を負の連鎖を繰り返す世界に訴えるための戦いが始まる。

時を繋ぎながら、時代背景や心の描写を描き残せる名画たちの数々。その中でも「ゲルニカ」という名画から戦争の恐ろしさ、テロで失われた罪なき人の命、残された人の悲しみと怒り。。そこを描ける小説家の力も偉大だと思う。

ピカソへのドラの愛はマハさんが乗り移ったかのような、ものすごくリアルで情熱的で芸術そのものでした。