読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『武士道エイティーン』 誉田 哲也

 

武士道エイティーン (文春文庫)

武士道エイティーン (文春文庫)

 

 おすすめ ★★★★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

宮本武蔵を心の師と仰ぐ香織と、日舞から剣道に転進した早苗。早苗が福岡に転校して離れた後も、良きライバルであり続けた二人。三年生になり、卒業後の進路が気になりだすが…。最後のインターハイで、決戦での対戦を目指す二人のゆくえ。剣道少女たちの青春エンターテインメント、堂々のクライマックス。

 

『武士道シックスティーン』『武士道セブンティーン』で二人の成長物語を通し、『エイティーン』を読み終わり、磯山香織の人間的魅力の最高潮である本作に感動。早苗がケガで離脱してしまったのは、少し寂しさは残るが、二人に関わり深い桐谷道場秘話、早苗の顧問吉野先生の少年時代、二人の後輩、東松高等女子剣道部の田原美緒の心の変化などスピンオフもあり、それぞれの剣道への想いが伝わる良い話だった。。香織のライバルたちへの敬意ある戦いを見て、、改めて磯山香織の武士道への貫き方、人間的成長、そこに欠かせない早苗との友情物語。。まさに武士道青春エンターテインメントでした。。まだあるみたいよ。。続きが。。