みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『エンド・ゲーム 常野物語』 恩田 陸

 

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)

 

 おすすめ ★★★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

『あれ』と呼んでいる謎の存在と闘い続けてきた拝島時子。『裏返さ』なければ、『裏返され』てしまう。『遠目』『つむじ足』など特殊な能力をもつ常野一族の中でも最強といわれた父は、遠い昔に失踪した。そして今、母が倒れた。ひとり残された時子は、絶縁していた一族と接触する。親切な言葉をかける老婦人は味方なのか?『洗濯屋』と呼ばれる男の正体は?緊迫感溢れる常野物語シリーズ第3弾

 

『エンドゲーム』は『光の帝国』の「オセロ・ゲーム」の続編。。「あれ」に裏返されないように裏返して戦う母娘の物語。。「オセロ・ゲーム」が面白くて、ワクワクしながら読んだら、、ちと複雑。。ストーリーが裏返したり裏返されたり、、また裏返った?な展開でした。。理解できたかどうかは、、不明。。

読後「オセロ・ゲーム」再読。。面白い🎶
ゲームなら、わたしも裏返されないようにしたいなぁ。。できたら裏返してみたいなぁ。。よくわからないけど。。