読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『ソーシャル・ネットワーク』

 

 

 

 おすすめ ★★★☆☆

 

マーク・ザッカーバーグハーバード大学時代に作り上げた「フェイスブック
製作協力をしたウィンクルヴォス兄弟らと創業者、共同製作者である友人エドゥアルド・サベリンに訴訟を起こされ、、訴訟手続きと同時進行で大学時代の「フェイスブック」立ち上げの回想シーンが展開されていく。。

概要は知っていたので、ストーリーは頭に入りやすい。。ハーバード大学のエリート気質が垣間見れた。。天才マークのやんちゃぶりが映えるわ。。ハーバード大学の学生交流サイトが、、西海岸、ヨーロッパと発展していく頃には、マークの友人であるエドゥアルドの手の及ばないほどとなり、、マークとの友情破綻な出来事が起こる。
マークにとっても、エドゥアルドにとっても、「フェイスブック」はとても大切な存在。。それぞれの考え方は違っても、、目指していた事は同じだった。。ここまで巨大化されたモンスターサイト。。他者がほっとくわけにはいかないね。。

長男の中学時代の担任教師が
「出る杭は打たれる。打たれないくらい突出すればいい。。誰もが認め、、打たれなくなる」

突出した先に、、周りを見回した時、、とても孤独な世界が待ち受けてるような気がする。。
ラストにマークが、、大学時代にフラれた女の子に友達申請を何度もして確認してる姿。。
小さな箱に夢を広げていた彼の、、虚しさが見えて、、妙に悲しい想いになりました。。
最年少で長者番付にランクインしたザッカーバーグくん。。失ったものが大きかったのか、得たものが大きかったのか、、一般庶民には、、わからない。。

友達とコーディングしていた頃、、この時が一番高揚していただろうし、希望もあっただろうし、、この時って、ほんとに楽しいんだよね。。