みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『朱夏』 今野 敏

 

朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)

朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)

 

 おすすめ ★★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

あの日、妻が消えた。何の手がかりも残さずに。樋口警部補は眠れぬ夜を過ごした。そして、信頼する荻窪署の氏家に助けを求めたのだった。あの日、恵子は見知らぬ男に誘拐され、部屋に監禁された。だが夫は優秀な刑事だ。きっと捜し出してくれるはずだ―。その誠実さで数々の事件を解決してきた刑事。彼を支えてきた妻。二つの視点から、真相を浮かび上がらせる、本格警察小説。

 

警視庁強行犯係・樋口警部補の妻が誘拐される。。夫が探し出してくれると信じて、待つ妻。。犯人との会話をしながら、説得を試みる。。
3日後に大きな仕事を任せられている樋口。。その間に妻を自らで探し出すと決意し、、手がかりの少ない中から地道に捜査をする。。

刑事としての、、夫としての、、義務。責任。使命。愛情。夫婦の信頼感、、子育てのあり方、、大人の存在価値、、人間の歪み、、色々な事を考えさせられらる内容だった。。それにしても、、妻、、強い。。

とある一文をメモ📝
「青春の次には朱夏が来る。。燃えるような夏の時代だ。そして、人は白秋、つまり白い秋を迎え、やがて、玄冬で人生を終える。玄冬とは黒い冬、死のことだ。最も充実するのは夏の時代だ。そして秋には秋の枯れた味わいがある。青春ばかりがもてはやされるのはおかしい」
「へぇ……」(言われた人の返事。。わたしも実感)

わたし、、夏の時代なのかな。。まだ秋になる前に、、夏を楽しもう。。。