みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『蜜蜂と遠雷』 恩田 陸

 

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 おすすめ ★★★★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!

 

読後、、涙はともかく、、興奮が収まらない。。。(集中し過ぎて、、頭痛がする)うまく表現できないけど、、、不思議な感覚。。読んでないような、、ずっと聴いてたような。。

風間塵。。世界の音楽家から尊敬されるホフマンから贈られた少年。。彼を本物の「ギフト」とするか「災厄」とするか。。
音楽の神様に愛されているのはこの少年。。?魅了、熱狂、嫉妬、憎悪、屈辱、狂乱、恐怖、と様々な感情を引き出させてしまう神々しい演奏。。天から音が降ってくる。。聴くと、、鳥肌以上の感動が込み上げる。。。息を止めちゃうのかなぁ。。聴き終わると、、一気に疲れが出て。。涙も出る。。畏怖に近い。たまに震える。。

わたしが一番大好きな栄伝亜夜。。彼女は母を失い、音楽界から退く。。母の旧友の後押しから、、コンクール出場を決意。。塵やマサルという天才たちの演奏に共鳴し、、本来の自分を取り戻し、、さらに進化していく。。(恩田さんの少女が覚醒した時が、、好き。静かに覚醒していく亜夜。。わたしの心は、、大興奮。。)

早くこの子の音楽を聴きたい。。(風間塵の次でラストなの。。ドキドキし過ぎて、、心臓痛いよ)
いつも側にいる奏ちゃん(旧友さんの娘さん。亜夜を見つけた子)
サポートしつつ、、見守る理解者。。この子の喜びは、、まさにわたしの喜びに近い。。天才3人のプライベートを隠し撮りしてた。。可愛い。。写真ほしいなぁ。。

その他、マサル(190cmの長身。イケメン。正真正銘のスター)明石(28歳大人の音楽家。妻子持ちで社会人。音楽界への再挑戦に挑む)など、、魅力的な音楽家や審査員や裏方さん。。そして観客。。彼らの目から通した天才達の演奏。。
素敵な音楽を聴くなら、、この本を読めばいいと思う。。

「途方もない才能を目にするとは、恐怖に近い感情を喚び起こす」
24P塵くんの演奏が始まった時、、わたしは喚び起こされた。。最後まで、、観客でいることができた喜び。。

彼を「体験」する者の中にある彼の真実。。。
わたしも「体験」できたんだ。。。感謝。。