読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『夢幻花』 東野 圭吾

読書 ★★★★★

 

夢幻花 (PHP文芸文庫)

夢幻花 (PHP文芸文庫)

 

 おすすめ 

 

内容(「BOOK」データベースより)

花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。第一発見者の孫娘・梨乃は、祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、ブログにアップするとともに、この花が縁で知り合った大学院生・蒼太と真相解明に乗り出す。一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、別の思いを胸に事件を追っていた…。宿命を背負った者たちの人間ドラマが展開していく“東野ミステリの真骨頂”。

 

花を愛する老人・秋山周治が自宅で殺害される。。殺害前に絶滅品種の黄色い花を育てていた周治。。

第一発見者の孫娘・梨乃。家族と打ち解けられない大学院生・蒼太。警察庁に勤める蒼太の兄・蒲生要介。老人を恩人とする刑事・早瀬。。蒼太の中学時代の初恋の相手・多庭孝美。。各々が黄色い花の謎を調査をしていく。。。それぞれの想いはまるで違うが、、ひとつの終着点に辿り着いた時に、、心にあった大きな荷物が違う形に変わる。。「夢幻花」の効果?かな。。

「義務」「使命」を課せられる者。。課せられない者。。殺人事件をきっかけに自分の本質に目覚めていく。。「再生」のお話でした。
殺害されたおじいちゃんの言葉ひとつひとつ。。染みる。。

『新参者』以来の東野圭吾。。面白かった。。