みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『少女は卒業しない』  朝井 リョウ

 

少女は卒業しない (集英社文庫)

少女は卒業しない (集英社文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

今日、わたしは「さよなら」をする。図書館の優しい先生と、退学してしまった幼馴染と、生徒会の先輩と、部内公認の彼氏と、自分だけが知っていた歌声と、たった一人の友達と、そして、胸に詰まったままの、この想いと―。別の高校との合併で、翌日には校舎が取り壊される地方の高校、最後の卒業式の一日を、七人の少女の視点から描く。青春のすべてを詰め込んだ、珠玉の連作短編集。

 

朝井リョウさん。初めて読みました。

別の高校との合併で翌日校舎が取り壊される高校の卒業式当日。7人の少女の様々なお別れ。

男性作家とは思えないほど、少女たちの微妙な感情をうまく描けてます。今時の流行りや言葉遣い。。なのに、キュンとくる切なさが大昔に卒業したわたしにも伝わってきました。。最後の高校生活に後悔なく生きたい。。なかなか面白いな。

『桐島、部活やめるってよ』の作者さんですよね。原作読んでないけど、この映画も面白かった。

桐島くんの退部ニュースが校内を駆け巡り、親友、彼女さえも退部理由がわからず、校内でそれぞれの生徒の動揺、不安、挑戦が巻き起こる。学校内ヒエラルキーの“上"に属する生徒たち、関係のない“下"に属する生徒の描写がとても繊細に描かれ、、人間関係が少しずつ変化していく。これもとても切ないお話でした。

高校3年間は人生だと一瞬の時間。楽しい事もあるけど、色々悩んで苦しんで大人の世界に入る準備期間。やり残した事はたくさんあるけど、楽しい貴重な時間だったなぁ。