みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『蟻の菜園』  柚月 裕子

 

蟻の菜園 ―アントガーデンー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

蟻の菜園 ―アントガーデンー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

婚活サイトを利用した連続不審死事件に関与したとして、殺人容疑がかかる円藤冬香。しかし冬香には完璧なアリバイがあり、共犯者の影も見当たらなかった。並外れた美貌をもつ冬香の人生と犯行動機に興味を抱いた週刊誌ライターの由美は、事件を追いはじめる。数奇な運命を辿る美女の過去を追って、由美は千葉・房総から福井・東尋坊へ。

 

車中練炭死亡事件で逮捕された円藤冬香の半生を追う。冬香が登録していた婚活サイトで謎の連続不審死が起きる。彼女には共犯者がいたのか?アリバイばっちり冬香の完全犯罪を崩せるのか?と、、サクサク読んでいたら彼女の少女時代の辛い体験記が始まる。しんどい。つらい。

(ネタバレします)とある小さな町で少女は壮絶で過酷な幼少期を過ごす。父に虐待され、逃げたいけど、逃げられない。少女が父を刺し、逃避行してしまう。この事は小さな平和な町で起こる大事件。町の人々が少女を探すが、見つからず、時が経つ。この少女には大事な妹がいる。妹が姉の変わりに虐待を受け育つ。この姉妹のどちらかが冬香なのか?もう一人、謎の友達らしい人が登場するがその正体は?となかなかミステリー度が濃くなってきたのに・・・

終盤、それぞれの事件詳細を淡々と説明書きされて(殺人動機が悲しい)あっけなく終わってしまった。救われない坂を転がり落ちていくだけの虚しさが残る本。