読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『真昼なのに昏い部屋』  江國 香織

 

真昼なのに昏い部屋 (講談社文庫)

真昼なのに昏い部屋 (講談社文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

軍艦のような広い家に夫・浩さんと暮らす美弥子さんは、「きちんとしていると思えることが好き」な主婦。アメリカ人のジョーンズさんは、純粋な彼女に惹かれ、近所の散歩に誘う。気づくと美弥子さんはジョーンズさんのことばかり考えていた―。恋愛のあらゆる局面を描いた中央公論文芸賞受賞作。

 

なんてズレズレの女なの?きちんとした主婦というよりただの“ど天然”じゃないの!!夫の能天気さも何?自分の妻は真面目だから浮気しないって。2人で銭湯行ってるあたりから疑おう。お相手のアメリカ人。アメリカのフリーさ満載過ぎる。

と、どの登場人物にも共感できないのに、美弥子のズレが自分にあり、、、胸騒ぎを覚えた。

スト2行に不倫の本当の怖さを思い知らされる。