読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『何もかも憂鬱な夜に』  中村 文則

 

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

 

 おすすめ ★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で、「僕」が抱える、自殺した友人の記憶、大切な恩師とのやりとり、自分の中の混沌が描き出される。芥川賞作家が重大犯罪と死刑制度、生と死、そして希望と真摯に向き合った長編小説。

 

著書の説明通り「生と死」に真摯に向き合った内容だった。内容の引き込まれ方も凄いが、それ以上に言葉の力に惹き込まれてしまった。囚人は完全悪なのにその人が発する言葉にとても動揺してしまう。自殺した友人の言葉に心が貫かれていくようで苦しい。

「倫理や道徳から遠く離れれば、この世界は、まったく違うものとして、人間の前に現れる」

「たとえばこんなノートを読んで、汚い、暗い、気持ち悪い、とだけ、そういう風にだけ、思う人がいるのだろうか。僕は、そういう人になりたい。本当に、本当に、そういう人になりたい」(自殺した友人のノート)

書き連ねれば、キリがないが、心に突き刺す言葉の数々。この作者の本を初めて読んだが、他にも読んでみたいと確実に思う。