読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『黄昏の百合の骨』  恩田 陸

 

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)

 

 おすすめ ★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は―。

 

『図書室の海』の短編集の「睡蓮」は理瀬が中学生の頃、祖母の家で暮らす話。こちらを先に読むと祖母や従兄弟の稔、亘との過去の話がわかりやすい。さらに『麦の海に沈む果実』を読むと理瀬の複雑な環境がさらに解る。しかし読まなくても話は単独で特に支障はない。と思う。

話は祖母の転落死から1年。1周忌を行う為に親族が集まる。そこで祖母が隠し通した秘密を暴く為に各々が探りあいを始める。その間に起こる毒殺事件、不審死。疑惑が広がり、祖母の転落死は本当に事故だったのか?この洋館の本当の秘密とは?『麦の海~』の理瀬がとても不安定で弱くいつも何かに怯えている少女だったのに、今回は覚醒した理瀬。とても大人びていて落ち着きのある雰囲気が漂う。何かをあきらめたような大人少女。そんな理瀬VS周囲の女達。演じているのは誰だろう?女は怖い。