みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『九月が永遠に続けば』 沼田 まほかる

 

九月が永遠に続けば

九月が永遠に続けば

 

 おすすめ ★★☆

高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか――。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。

 

 

息子がいなくなってからの佐知子の捜索あたりは面白く読んでいたけど、元妻である佐知子からの後妻話突入(近所の関西弁のおじさまに後妻の過去を告白しちゃダメでしょ。もっと違った方法で後妻の過去が明らかにされても良さそうなものを、ぺらぺらぺらぺらおしゃべりしちゃダメ)あたりから、億劫になってしまった。あと愛人の事故死を捜査してる警察がだめだめ過ぎてありえない。現実の世界だったら、謝罪だけじゃ済まないですよ。ちゃんと捜査して。登場人物の中で服部さん(近所の関西弁のおじさまで失踪後、佐知子の身の回りのお世話を勝手にやってくれる人)が妙に浮いてる存在だったなぁ。炊事をしてくれるし、機転も効く、とっても良い人なのに、佐知子の心は「こいつウザい」の一点張り。が面白かった。がんばれ~服部さんって密かに応援してたよ。息子が失踪したら、周りの事まで気を配る余裕なんてなさそうなのに、中盤からの佐知子は人の子ばかり気にして、話が迷走していった。内容は面白いのに、残念。