みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『三月は深き紅の淵に』  恩田 陸

 

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

 

 おすすめ ★★★★★

 

内容紹介
鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探しても見つからない稀覯本『三月は深き紅の淵を』の話。たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された本をめぐる珠玉のミステリー。
 
恩田陸は昔から好きで、本屋で何の目的もなくぶらっとすると必ず恩田陸の本をレジに持って行ってしまう。タイトルが魅力的である。これは前から読みたいリストに入れていたけど、なぜか手にしなかった本。図書館で探していた本が無かったのでたまたまあったこの本を借りてみた。読後に買うこと決定。もっと早く読めばよかったと思ったが、これからまた楽しみが1つ増えたと思うとうれしい。恩田陸を未読で読書好きの人に薦めるならこの本が良いと思う。
四部作からなるお話で全て"三月は深き紅の淵に”という幻の本に関連するお話。ミステリー好きの読書家はすぐに引き込まれていくと思う。最終章は複雑な構成ではあったが、ラストまで一気に読んだ。そして最後に思う。”三月は深き紅の淵に”がどうしても読みたいって。