読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『鹿の王』  上橋 菜穂子

 

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
 
鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
 

おすすめ  

 

内容

強大な帝国・東乎瑠にのまれていく故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団“独角”。その頭であったヴァンは奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるが―!?厳しい世界の中で未曾有の危機に立ち向かう、父と子の物語が、いまはじまる―。
 
上下巻同時購入してほしい本です。図書館では1000人超え待ちのようで大人気な本です(2015.5現在)
作者曰く、50を超え不調になってきた自分の身体を考えていたら、この物語が出来たそうです。すごい発想力と想像力の持ち主!!(作家に言うのもなんですが)こんな壮大なストーリーに発展するなら多少身体がしんどくなってもいいんじゃないかと凡人な私は思ってしまうほどうらやましい才能。。。
身体の中というのは世界があって小さな兵士たちが敵か味方かを判断しながら国を守っている。。生かされている。。これからは身体の中の兵士達に感謝していきます。