みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『光媒の花』  道尾 秀介

 

光媒の花 (集英社文庫)

光媒の花 (集英社文庫)

 

おすすめ ★★★★☆

 

内容紹介

一匹の白い蝶がそっと見守るのは、光と影に満ちた人間の世界―。認知症の母とひっそり暮らす男の、遠い夏の秘密。幼い兄妹が、小さな手で犯した闇夜の罪。心通わせた少女のため、少年が口にした淡い約束…。心の奥に押し込めた、冷たい哀しみの風景を、やがて暖かな光が包み込んでいく。すべてが繋がり合うような、儚くも美しい世界を描いた全6章の連作群像劇。第23回山本周五郎賞受賞作。