みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『ソロモンの偽証 第II部 決意』  宮部みゆき

ソロモンの偽証 第II部 決意

ソロモンの偽証 第II部 決意

  

おすすめ ★★★★☆

 

内容説明

期間はわずか15日。有志を集め証人を探せ! 14歳の夏をかけた決戦、カウントダウン! もう大人たちに任せておけない――。保身に身を窶す教師たちに見切りをつけ、一人の女子生徒が立ち上がった。校舎を覆う悪意の雲を拭い去り、隠された真実を暴くため、学校内裁判を開廷しよう! 教師による圧力に屈せず走り出す数名の有志たち。そして他校から名乗りを上げた弁護人の降臨。その手捌きに一同は戦慄した……。

 

子供たちが自ら調査して真実を暴く。夏休みにひたすら調査し続けるってお話が第2部の内容。

14歳でこのレベルの高さ。行動力、観察力、実行力、決断力、ひらめき、強さ、運などなどを備わったスーパー中学生。使えない大人たちって蔑むのも仕方ない。私なんてこんな子達に比べたら、石ころレベル。と卑下したくなる。。。人の使い方や情報の引き出し方が上手いなと感心しながら読み続けてきたけど、一つ腑に落ちないのが公衆電話(特に小林電器店)でのあれこれ。こんなにプロ顔負けな調査力(些細な事でも調べてますよ)とミスのない判断力を兼ね備えた検事と弁護人(この場合補佐の方)がなぜ電器屋さんの調査を曖昧にしてるのかという点が納得できない。弁護人君と毎日一緒にいる補佐君はこの公衆電話についての怪しいやり取りにピンときたっていんじゃないかなぁ。刑事や弁護士、プロの探偵と渡り合ってるこの子達なら電器屋のおじさんなんてちょちょいのちょいっと解決しちゃうんじゃないのかしら?って思うんだけど。キーなのかな?

ラストの涼子の心の決意は個人的にはあり得ないぞ!って思いました。守る相手は爆弾ですよ?って思うんだけど、自分に酔っちゃったので、裁判では冷静に挑んでもらいたい。あっ!中学生なんだから仕方ないか。

 

第Ⅲ部では法廷が始まるので、そこでキーマンとなる彼女がどういう発言をするか?謎の彼はどんな真実を隠してるのか?強烈キャラ垣内さん(今回はとっても控えめに書かれてた)、小林さん(個人的に楽しみ)は登場するのか?期待が膨らむ一方です