みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『楽園のカンヴァス』  原田マハ

楽園のカンヴァス

楽園のカンヴァス

  

おすすめ ★★★★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

 ニューヨーク近代美術館学芸員ティム・ブラウンは、スイスの大邸宅でありえない絵を目にしていた。MoMAが所蔵する、素朴派の巨匠アンリ・ルソーの大作『夢』。その名作とほぼ同じ構図、同じタッチの作が目の前にある。持ち主の大富豪は、真贋を正しく判定した者に作品を譲ると宣言、ヒントとして謎の古書を手渡した。好敵手は日本人研究者の早川織絵。リミットは七日間―。ピカソとルソー。二人の天才画家が生涯抱えた秘密が、いま、明かされる。

 

読んだ後は無性に美術館行きたいって思います。(感化されやすい私だけかも)絵画ミステリーといっても何も難しいことはなく、ヒントとなる古書を読み綴っていきながら、真贋を判定していくというだけ。ピカソ、ルソーの二人の史実や作品に隠されてる謎、どんな想いで描いたのかという天才画家の心理を想像するだけでも面白い。ピカソ、ルソー、ゴーギャンゴッホ・・・画家の世界を堪能してほしい。