みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『クラインの壺』  岡嶋 二人

 

クラインの壷 (新潮文庫)

クラインの壷 (新潮文庫)

 

 おすすめ ★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

ゲームブックの原作募集に応募したことがきっかけでヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることになった青年、上杉。アルバイト雑誌を見てやって来た少女、高石梨紗とともに、謎につつまれた研究所でゲーマーとなって仮想現実の世界へ入り込むことになった。ところが、二人がゲームだと信じていたそのシステムの実態は…。現実が歪み虚構が交錯する恐怖。

 

これは面白かった。バーチャルの世界と現実の世界はわからなくなるリアル性の恐怖。今読んでも古臭さがなく、のめり込める作品。素晴らしい。