読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『殺人の門』  東野 圭吾

 

殺人の門 (角川文庫)

殺人の門 (角川文庫)

 

 おすすめ ★☆☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことができないのだ。殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?人が人を殺すという行為は如何なることか。直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩

 

こんなに読んでて面白くない本も久しぶり。最後まで読んだら撃沈してしまった。でもね。こんなに苛々するのにラストまで読ませる力のある東野さんはやっぱりすごいね。