みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『ダーク』  桐野 夏生

 

ダーク (上) (講談社文庫)

ダーク (上) (講談社文庫)

 

 おすすめ ★☆☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

「私の中の何かが死んだ」出所を心待ちにしていた男が四年前に獄中自殺していた。何も知らされなかった村野ミロは探偵を辞め、事実を秘匿していた義父を殺しにいく。隣人のホモセクシャルの親友。義父の盲目の内妻。幼い頃から知っている老ヤクザ。周囲に災厄をまき散らすミロを誰もが命懸けで追い始めた。

 

ダーク (下) (講談社文庫)

ダーク (下) (講談社文庫)

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

「朴美愛」偽造パスポートを手に入れたミロは海峡を越え韓国に渡る。偽ブランド品を手がける現地の男と即座に愛人契約を結ぶが、彼は自分の身代わりとなって撃たれ下半身の自由を失ってしまう。深い愛情で結びついた二人は復讐を決意した。覚醒剤、レイプ、殺人。善悪を超えて世界を圧倒する壮絶な魂の遍歴。

 

『顔に降りかかる雨』『天使に見捨てられた夜』と女探偵ミロシリーズ。ミロといえばこの他に『ローズガーデン』の短編集を読んだ。なかなか掴みどころのない不安定なミロもいくらか成長して逞しくなっているだろうと超大作であるこの本を読んだ。もう立ち直れない位の事がミロに巻き起こる始末。人間崩壊になったら結末はどうなるんだ?と終始重苦しい雰囲気が漂う。前にも書いたが、村野ミロシリーズは村野ミロストーリーである。となるとやはりダークなミロを作者は作りたかったのかもしれない。もちろん『顔に~』から順番に読んだ方が良いと言いたいが、この本に辿りつくと残念に思ってしまうかもしれない。続きがあればまた読みたい。