みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『夜のピクニック』  恩田 陸

 

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

 

 おすすめ 

 

ストーリー

全校生徒が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事「歩行祭」。3年生の甲田貴子は、最後の歩行祭、1年に1度の特別なこの日に、自分の中で賭けをした。それは、クラスメイトの西脇融に声を掛けるということ。貴子は、恋心とは違うある理由から西脇を意識していたが、一度も話をしたことがなかった。しかし、ふたりの不自然な様子をクラスメイトは誤解して…。

 

この本の中に“タイミング”の話題が出る。「ずっと読んでいなかった本を読み終わった時に一番に思った事。″しまった!!小中学生の時に読んでいれば!!”という気持ちになった。タイミングは大事なんだと」この本はまさにそう思わせる作品である。私も学生の時に読んでいれば良かった。でもそれは不可能である。この本が出た頃はもう既にかなり大人だから。学生の頃のひねくれ者の私(今もあまり変わらない)がこの本を読んでもひねくれた感想しかないかもしれないから。大人になった今が一番良いタイミングなのかもしれない。

歩行祭」私だったら泣きたくなるであろうこのイベント。ただひたすら歩く。誰も助けてくれない。自分との闘い。それだけでもドラマチックであるのにその中で奇蹟が起きる。恩田陸はすごい。不思議と私も24時間歩いた気分になる。身体はどこも痛くないが、心が爽やかな気分になる。青春って遠い昔にあった鮮明に覚えているようなおぼろげなような、淡くてシャボン玉のような言い表せない物だが、多分、この物語みたいなものなんだろう。