みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『柔らかな頬』  桐野 夏生

 

 

柔らかな頬〈上〉 (文春文庫)

柔らかな頬〈上〉 (文春文庫)

 

 

 

柔らかな頬〈下〉 (文春文庫)

柔らかな頬〈下〉 (文春文庫)

 

 おすすめ ★☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)

野心家で強引な内海も、苦しみの渦中にあった。ガンで余命半年と宣告されたのだ。内海とカスミは、事件の関係者を訪ね歩く。残された時間のない内海は、真相とも妄想ともつかぬ夢を見始める。そして二人は、カスミの故郷に辿れ着いた。真実という名のゴールを追い続ける人間の強さと輝きを描き切った最高傑作。

 

読後はモヤモヤな作品。娘の失踪事件が気になる方、多いのでは?私も結末を知る為に読み続けていた一人なので、明らかにならなかった点は消化不良状態。事件が起きてからの登場人物の心情が少しずつ変化していく様は読んでいて面白い。細かく描かれているので読み応えがある。その分、この失踪事件への背景が薄れてしまった結末が悔しい。