みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『愚行録』  貫井 徳郎

愚行録 (創元推理文庫)

愚行録 (創元推理文庫)

おすすめ度 ★★★★☆

 

ええ、はい。あの事件のことでしょ?―幸せを絵に描いたような家族に、突如として訪れた悲劇。深夜、家に忍び込んだ何者かによって、一家四人が惨殺された。隣人、友人らが語る数多のエピソードを通して浮かび上がる、「事件」と「被害者」。理想の家族に見えた彼らは、一体なぜ殺されたのか。確かな筆致と構成で描かれた傑作。『慟哭』『プリズム』に続く、貫井徳郎第三の衝撃。

 

衝撃は大です。そして同じくらい後味悪いです。でもおもしろいです。