みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『罪深き海辺』 大沢 在昌

罪深き海辺

罪深き海辺

おすすめ度 ★★★★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

財政破綻寸前の港町に突然現れた、大地主の遺産相続人。激化する暴力団の攻防、相次ぐ不審死、進出企業の陰謀…敵か味方か。騙すか騙されるか。長い間、大きな石の下に隠れていた“毒虫”たちが動きだし、一気に不穏な空気が立ち込めるなか、老刑事は命をかけて、「禁断の事件」の真相に挑む―。

 

小さな港町に“干場功一”と名乗る青年が現れてから、静かだった町がそれぞれの思惑で動き出します。過去の殺人と相次ぐ不審死のつながり、大物達の腹黒い攻防がどういう結末になるか?誰もが気になるオトボケ干場クンが一体どんな目的でこの町にやってきたのか?最後は一気読みです。