みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『悪人』  吉田 修一

悪人

悪人

おすすめ度 ★★★★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

保険外交員の女が殺害された。捜査線上に浮かぶ男。彼と出会ったもう一人の女。加害者と被害者、それぞれの家族たち。群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか。

 

男が逮捕されるまでの加害者、被害者を取り巻く色々な人達の主観で物語は進められます。加害者の祖母、叔父、友達、被害者の親、仕事仲間、主人公など、それぞれの章が詳細に書かれているので、一行一行見逃さず読み切りました。それぞれの人間らしい考え方や生活環境、事件の背景が描かれています。ここに出てくる人たちがあまり幸せでなく、どちらかと言ったら悲しい人たちで満たされていない感情、やりきれない想いがすごく伝わってきます。悲壮感。でもこういった満たされない想いって誰かしら必ずあると思うんです。それぐらい一般的と言いますか、ドロドロに不幸というわけではない、どこにでもいる人たちの中で起きた悲しい事件。悪人は誰?