みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『予知夢』 東野 圭吾

 

予知夢 (文春文庫)

予知夢 (文春文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気がついた母親が猟銃を発砲した。とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。果たして偶然か、妄想か…。常識ではありえない事件を、天才物理学者・湯川が解明する、人気連作ミステリー第二弾。

 

『探偵ガリレオ』で懲りたはずなのに、湯川に惹かれはじめた私は第二弾を読んでしまう。前回よりは内容が入りやすく、読みやすい。「科学も面白い」と思えたかは別として。