みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『火車』  宮部 みゆき

 

火車 (新潮文庫)

火車 (新潮文庫)

 

 おすすめ 

 

内容(「BOOK」データベースより)

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?いったい彼女は何者なのか?謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

 

本間が地道に調べ上げていき、彼女に追いついていく。。。までの話がすごく面白かった。やめられない1冊。驚きの事実、恐ろしい魔の手。自己破産、カード地獄、なりすまし。みんな知らず知らずに借金まみれになってる事に気づかない。今度から、いつもニコニコやってくる銀行員の見る目が変わってしまうわ。平凡に装おっている身近な人達も調べ上げていくと、本当にその人なのかわからない。と思うと恐ろしい。恐ろしさを増長させたラストの描き方。素晴らしかった。

 

この作品の原型は『返事はいらない』という短編集の「裏切らないで」です。後になってわかったので、再読してみました。こちらもおすすめです。