みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『白馬山荘殺人事件』 東野 圭吾

 

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

1年前の冬、「マリア様はいつ帰るのか」という言葉を残して自殺した兄・公一の死に疑問を抱く女子大生ナオコは、新友のマコトと兄の死んだ信州白馬のペンション『まざあ・ぐうす』を訪ねた。マザー・グースの唄に秘められた謎。ペンションに隠された過去とは?暗号と密室トリックの謎に挑む、気鋭の本格推理力作。

『ある閉ざされた雪の山荘で』『仮面山荘殺人事件』の山荘シリーズが面白かったから、期待しすぎたかな。他の2作よりは入り込めなかったけど、マザーグースの歌の謎、密室、暗号と盛りだくさんな内容。こういうお話も好きです。