みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『地下街の雨』 宮部 みゆき

 

地下街の雨 (集英社文庫)

地下街の雨 (集英社文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

麻子は同じ職場で働いていた男と婚約をした。しかし挙式二週間前に突如破談になった。麻子は会社を辞め、ウエイトレスとして再び勤めはじめた。その店に「あの女」がやって来た…。この表題作「地下街の雨」はじめ「決して見えない」「ムクロバラ」「さよなら、キリハラさん」など七つの短篇。どの作品も都会の片隅で夢を信じて生きる人たちを描く、愛と幻想のストーリー。

 

どの話もあっさりと読み終えるお話ばかり。気軽に読める。心にズシンとくる重みは全くない本当に軽いお話である。