読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『魔術はささやく』 宮部 みゆき

 

魔術はささやく (新潮文庫)

魔術はささやく (新潮文庫)

 

 おすすめ ★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人めはマンションの屋上から飛び降りた。二人めは地下鉄に飛び込んだ。そして三人めはタクシーの前に。何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。さらに魔の手は四人めに伸びていた…。だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。日本推理サスペンス大賞受賞作。

 

関連性のない人々が事故や自殺で亡くなる。特に接点もないように思われる3人。人の弱みや心理をつけこむ殺人。あり得ないようであり得る?人間の深層心理は奥深いからあり得る気もする。もし現実にこんな事があったら、本当に怖い殺人鬼である。