みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『パーフェクト・ブルー』  宮部 みゆき

 

パーフェクト・ブルー (創元推理文庫)

パーフェクト・ブルー (創元推理文庫)

 

 おすすめ ★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

高校野球界のスーパースターが全身にガソリンをかけられ、焼き殺されるというショキングな事件が起こった。俺、元警察犬のマサは、現在の飼い主、蓮見探偵事務所の調査員、加代子と共に落ちこぼれの少年、諸岡進也を探し当て、自宅に連れ帰る途中、その現場に遭遇する。犬の一人称という斬新なスタイルで、社会的なテーマを描く、爽快な読後感の長編デビュー作、待望の文庫化。

 

マサの語りで話しは進んでいく。斬新なスタイルでもない。東野圭吾『十字屋敷のピエロ』のピエロの方が斬新だったので。でもとっても爽やかミステリー。長編デビュー作ということは、かなり古い作品。今読んでも面白いと思う。