みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『十字屋敷のピエロ』 東野 圭吾

 

十字屋敷のピエロ (講談社文庫)

十字屋敷のピエロ (講談社文庫)

 

 おすすめ ★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

 

面白い。ピエロの視点と語りで話が進んでいく。そしてタイトルから解るように屋敷の構造がキーになっていくのであろう。トリックより、ピエロが最後どうなるのかが気になり、一気読みしました。ラストは驚きの展開。うん、面白い。