読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみの無趣味な故に・・・

読書、映画、ネット。。。。インドアな日々を書いてます

『武士道エイティーン』 誉田 哲也

 

武士道エイティーン (文春文庫)

武士道エイティーン (文春文庫)

 

 おすすめ ★★★★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

宮本武蔵を心の師と仰ぐ香織と、日舞から剣道に転進した早苗。早苗が福岡に転校して離れた後も、良きライバルであり続けた二人。三年生になり、卒業後の進路が気になりだすが…。最後のインターハイで、決戦での対戦を目指す二人のゆくえ。剣道少女たちの青春エンターテインメント、堂々のクライマックス。

 

『武士道シックスティーン』『武士道セブンティーン』で二人の成長物語を通し、『エイティーン』を読み終わり、磯山香織の人間的魅力の最高潮である本作に感動。早苗がケガで離脱してしまったのは、少し寂しさは残るが、二人に関わり深い桐谷道場秘話、早苗の顧問吉野先生の少年時代、二人の後輩、東松高等女子剣道部の田原美緒の心の変化などスピンオフもあり、それぞれの剣道への想いが伝わる良い話だった。。香織のライバルたちへの敬意ある戦いを見て、、改めて磯山香織の武士道への貫き方、人間的成長、そこに欠かせない早苗との友情物語。。まさに武士道青春エンターテインメントでした。。まだあるみたいよ。。続きが。。

 

『武士道セブンティーン』 誉田 哲也

 

武士道セブンティーン (文春文庫)

武士道セブンティーン (文春文庫)

 

 おすすめ ★★★★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

「強さは力」の香織と「お気楽不動心」の早苗。対照的な相手から多くを吸収したふたりだったが、早苗は、家の事情で福岡の剣道強豪校に転入。そこでの指導方法の違いに戸惑う。一方、香織は後輩の育成に精を出す。互いを思いつつも、すれ違うふたりは、目指す剣道に辿り着けるか。大人気剣道青春小説、二本目。

 

剛と柔。攻めと守り。合わせ鏡のように剣風の違う香織と早苗。。2人の武士道成長物語。。
早苗が福岡南高校に転校し、名門剣道部で出会う黒岩レナ。。彼女の剣道(スポーツ化)に対する考えが合わない早苗。剣道の面白さを失い、一人悩む。。『シックスティーン』では香織が剣道に対する思いの変化で悩み成長。。今回は早苗の成長と共に香織も更に成長をする。。別の道を歩む2人の武士道。。次回も楽しみ。。(今回も香織ちゃんの貫き方、、かっこいい)

 

『武士道シックスティーン』 誉田 哲也

 

武士道シックスティーン (文春文庫)

武士道シックスティーン (文春文庫)

 

 おすすめ ★★★★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

武蔵を心の師とする剣道エリートの香織は、中学最後の大会で、無名選手の早苗に負けてしまう。敗北の悔しさを片時も忘れられない香織と、勝利にこだわらず「お気楽不動心」の早苗。相反する二人が、同じ高校に進学し、剣道部で再会を果たすが…。青春を剣道にかける女子二人の傑作エンターテインメント。

 

剣道の名門東松学園高等女子部。。勝敗しか考えない磯山香織。目の前の敵を斬って斬って斬り倒す実力派タイプ。。一方、勝敗には拘らない西荻早苗。負け試合でも試合内容から自分の糧を見出し、着々と成果を上げる、香織曰く「お気楽不動心」タイプ。。性格も全く逆の二人が、反発しながらも互いを認め、剣道に向き合い、悩み、成長していく物語。。面白い。。個人的に磯山選手、、好きです。わたしにはないものだらけ。。早苗の香織への理不尽に感じながらも寄り添う気持ちがとても共感できて、二人に尊敬と憧れを抱きながら、、次のセブンティーンへ。

『エンド・ゲーム 常野物語』 恩田 陸

 

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)

エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)

 

 おすすめ ★★★☆☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

『あれ』と呼んでいる謎の存在と闘い続けてきた拝島時子。『裏返さ』なければ、『裏返され』てしまう。『遠目』『つむじ足』など特殊な能力をもつ常野一族の中でも最強といわれた父は、遠い昔に失踪した。そして今、母が倒れた。ひとり残された時子は、絶縁していた一族と接触する。親切な言葉をかける老婦人は味方なのか?『洗濯屋』と呼ばれる男の正体は?緊迫感溢れる常野物語シリーズ第3弾

 

『エンドゲーム』は『光の帝国』の「オセロ・ゲーム」の続編。。「あれ」に裏返されないように裏返して戦う母娘の物語。。「オセロ・ゲーム」が面白くて、ワクワクしながら読んだら、、ちと複雑。。ストーリーが裏返したり裏返されたり、、また裏返った?な展開でした。。理解できたかどうかは、、不明。。

読後「オセロ・ゲーム」再読。。面白い🎶
ゲームなら、わたしも裏返されないようにしたいなぁ。。できたら裏返してみたいなぁ。。よくわからないけど。。

 

 

『蒲公英草紙 常野物語』 恩田 陸

 

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)

 

 おすすめ ★★★★☆

 

内容(「BOOK」データベースより)

青い田園が広がる東北の農村の旧家槙村家にあの一族が訪れた。他人の記憶や感情をそのまま受け入れるちから、未来を予知するちから…、不思議な能力を持つという常野一族。槙村家の末娘聡子様とお話相手の峰子の周りには、平和で優しさにあふれた空気が満ちていたが、20世紀という新しい時代が、何かを少しずつ変えていく。今を懸命に生きる人々。懐かしい風景。待望の切なさと感動の長編。

 

こちらを再読してる間に『エンド・ゲーム』届きました。。我慢我慢。。

膨大な書物や人物を「しまう」常野一族・春田家と村地主槇村家のほのぼの日記。。じんわり泣ける。。「運命は変わる。運命を待ってるだけではなく、こちらから歩かないと」

不思議な能力がなくても、人生の使命を背負った時点で、、過酷だし、しんどい大仕事の連続。。幸せな時だけではなくて、辛いこともある。。古き良き時代の日本の村に訪れた静かな暮らしをする穏やかな常野一族との優しい日記です。。

 

 

『光の帝国 常野物語』 恩田 陸

 

光の帝国―常野物語 (集英社文庫)

光の帝国―常野物語 (集英社文庫)

 

 おすすめ ★★★★★

 

内容(「BOOK」データベースより)

膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちから―「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそりと暮らす人々。彼らは何のために存在し、どこへ帰っていこうとしているのか?不思議な優しさと淡い哀しみに満ちた、常野一族をめぐる連作短編集。優しさに満ちた壮大なファンタジーの序章。

 

常野物語。。不思議な能力を持つ常野一族のお話。
全て読んでいたと思っていたら、『エンドゲーム』を読んでいない事に気づき、ずっと積んでたんだぁと、、本棚を探しても見つからず、、読んだ気にも、、持っていた気にもなっていました。。うっかり者。。ポチる。。

『エンドゲーム』が来るまでに2冊再読。。『光の帝国』の連作短編集。。常野一族のしまったり、響いたり、遠くを見たり、遠くに行ったり、裏返したり、、、懐かしい。。お気に入りは「大きな引き出し」「二つの茶碗」「オセロ・ゲーム」「国道を降りて…」(←表題作を読むとグッと来ます)

 

 

『ガダラの豚』 中島 らも

 

中島らも『ガダラの豚』全3巻セット (集英社文庫)

中島らも『ガダラの豚』全3巻セット (集英社文庫)

 

 

 おすすめ ★★★★★

 

長女を事故死で失う民族学教授で人気タレント・大生部多一郎(アル中)

妻の逸美は神経を病み、新興宗教にのめり込む。
視聴率に悩むテレビ局は「大生田ファミリーの呪術大陸アフリカアドベンチャー」という特番企画を立て、大生部家族、助手、超能力者、スタッフ数名を呪術師の村クミナタトゥへ向かわせる。
到着した一行は村が大呪術師バキリ☠️により呪われている事を知り、バキリと面会をする。そして最大の禁忌、、バキリの最強キジーツ(呪具)を攫い逃げる。バキリはどこまでも追いかけてくるの😱呪いをかけられ変死続々😱
大生田ファミリーの命がけの闘いと家族愛。。ほんとに壮大なエンターテイメントでした。
(神経を病んでいた逸美がメキメキ強くなっていく。。子供を守る母の愛とアル中の夫への厳しい妻の愛が逞しくて素敵な女性でした。)

驚きなのは著者の参考文献の多さが物語る超能力、超常現象、呪術、占術、宗教の知識。。そのトリックを科学的、物理的、文化的背景、心理学などの様々な観点や過去の歴史的な呪い、マジックの例をあげながら、暴いていく。。さらに宗教の洗脳の仕組みから洗脳はずしの仕組み。。呪術国アフリカ的裁判のお話などなど。。なかなか興味深い。。

光と影。救いともなり恐怖ともなる。。
呪力が強力であればあるほど、恐怖に陥り、救われたい一心で信奉していく。。
宗教も不安を抱え込む心の葛藤の中で奇跡的な力を見せつけられた時、、絶対的存在として心に根強く植え付けられていき、希望の光を求め、信仰していく。。
どちらも洗脳と暗示で暴徒化していき、、疑問を抱く事なく震撼する事件に発展していく恐れもある。。
深く知れば知るほど、興味と恐怖の世界でしたが、、とても面白いストーリーだったので、楽しかったです。